ENCYCLOPEDIA OF PRINTING

オンデマンド印刷

現在確実に増えている方式ですが、オンデマンド印刷というのは総称で実際にはさまざまな方式があり、オンデマンドというだけではどんな仕上がりになるのか予想もつきません。

もともとオンデマンドとは「ユーザの要求があった時にサービスを提供する方式」という意味でITブームにのってか印刷方式についてもオンデマンド印刷という言葉がもてはやされるようになりました。印刷はすべてオンデマンドではないかという気もしますが、現在では「オフセット印刷と比べ小ロット・短納期を実現しやすい印刷方式」というくらいの意味あいで使われていることがお多いようです。

大きく分けるとレーザー式とインクジェット式があります。レーザーにも静電タンデム方式など細かな種別がありますが、大雑把に言えばコンビニのコピー機を思い浮かべていただければ良いと思います。とはいえ卓上サイズから数メートルの大型のものまで、値段も数万円から数千万円までありますので、当然色味、エッジのシャープさなど品質には差があります。細かく理解するにはメーカーごとの機種の特性を知らなければなりませんが、とりあえず、見本をみせてもらい、色ムラと色のついた部分の端がズレたりにじんだりしていないかを目をこらして見てみましょう。また品質とは別にレーザー式はインク式に比べ印字面に光沢が出ますので、光沢具合が好みに合うかもチェックすると良いでしょう。

CTP印刷、オンデマンド印刷なら名刺と封筒印刷の通販のいいプリントネット
オンデマンド印刷で少部数が格安のオリジナルラベルなら格安で通販できるシールステッカーNET

インクジェット式にも家庭用のインクジェットプリンタの他、大判出力に適した機種、高速印刷に適合した機種などがあり様々ですが、色の安定、カラーマネジメントの部分などの問題からビジネス用としてはともかく、印刷業界で普及するにはいたっていないようです。家庭用のものが一番進歩が早いですから、ご自分で名刺など印刷する場合には、にじみなどを確認しながら適切な紙を選択するのが一番のポイントとなります。

 

 

 

 

 

印刷事典トップ
オフセット印刷
オンデマンド印刷
軽印刷
サイトマップ